Just another WordPress site

株式会社設立にかかる費用

株式会社設立する時にかかる料金


株主会社とは社員権を投資家などに売却しその売却した資金を使い事業を運営する企業の事を言います。
出資者の有限責任は、債権は会社の財産に対してしか行使することができないので、株主は財産を支払わなければならないような状況にはならず、株式を出資した事で果たされるので、株主の責任は負う必要がないので株主の責任は限定されているので、出資者を募りやすくなっています。
株式は自由に譲渡や売却する事ができるので、広く出資金を集めることができるが、中小企業のような場合は、株式の売却や譲渡を制限する法律などが存在ます。
大企業などの場合は、会社を所有している、株主と経営をおこなうものが分かれているので、取引相手などに権限を持っているものをわかりやすくしています。
株主が投票などで取締役をき決めることができ、利益は株主に帰属するので、株式を持っている人達が株式会社を所有しているという事になります。
株式会社設立するには、法務局などに登記する事により設立できますが、公証人役場や、法務局、銀行などで費用がかかります。
資本金は昔は多額の費用が必要でしたが、現在は少額でも株式会社設立することができ、さらに資本金がある一定の金額よりも少なければ消費税が免税され、支払う必要がなくなります。
株式会社設立で必要な費用は、公証人役場では定款の印紙の費用に4万円、定款の謄本に取得するのに1枚250円ほどかかり、さらに定款を認証してもらうのに5万円ほどの費用がかかり、法務局で登記するのにかかる料金は、登記の免許税というものに資本の1000分の7の費用がかかりますが、下限が決められているので、1円の資本金であったとしても15万円ほどかかります。
1000分の7を支払う必要があるので、10億円の資本金なら100万円必要になるので、設立時に多額の資本金にしますと、多額の免許税を支払う事になりますが、少額の資本金では社長借入金というものが発生し、借入金ができますので、全額支払うまでは利息などを支払う必要が出てきます。
売上を上げる事ができるといいのですが、会社を運営していく上では様々な費用が掛かってしまうので、それらを支払う必要があるので資本金が安ければいいというものでもありません。
しかし、1000万円未満だと消費税が免除されたりという事もありますので利点と欠点を考慮する必要があります。
ほかにも、謄本を取得するのにかかる必要は、1通千円、印鑑を証明する書類に500円ほどかかります。
このように株式会社設立するには様々な費用がかかりますので、設立する時には綿密な計画な必要です。